Home

夢のほとり

2016年個展「彼方」

  • Posted by: etimao
  • 2016-08-02 Tue 07:47:14
  • 展覧会
個展「彼方」ご案内

ギャラリーイノセント
2016年9月2日(金)〜12日(月)水曜日休廊
11:00〜17:30(最終日〜16:00)
山梨県甲府市丸の内2丁目12−3(甲府駅より徒歩5分)
TEL055−222−4402
作家在廊日(土、日、月)

山をあるく、森に囲まれ、水と交わる。
岩と、土と、雪と、風と、雲と、月と、、
光の中で心は万象とともに自然にとけこみ包まれる。
画に向き合う。
描く営みの中で心の象は偶然にも必然にも画面に滲み浮かぶ
画の内で彼方に広がる色とかたちの気を辿り
勘を頼りに「何か」を探す。
あるような、、ないような、、つかまえようとすれば離れる「何か」
そっと描いていこうと思う。


ご高覧頂けましたら幸いでございます。


P1120432−1

信州にて

  • Posted by: etimao
  • 2016-07-31 Sun 23:58:48
JR大糸線平岩駅より白馬にデポした車を回収に向かう。単線の何とも味わい深い鉄道。登山者で賑わう。

白馬でクラフトショップ「森の生活」に向かう。大塚さんは店の前で翡翠を磨いておられました。何十年か振りの再会
翡翠を使ったシルバーアクセサリーをご子息と白馬からの発信に心動かされエネルギーを頂きました。

安曇野三郷「なごみ庵」で開催中の柴野さんの水彩画展を拝見。いつもながらの色彩の自由さを楽しむ。

松本へ。せっかくなので松本城を散策。
本命は何時かいってみたいと思っていた心地良い空間なわて通り「柿の木」を尋ねる。
店主黒河内さんとお会いできて喜ぶ一時。

恵まれたご縁をたどる一日を満喫!

諸々に感謝。
P1120404.jpgP1120408.jpgP1120411.jpgP1120413.jpgP1120415.jpgP1120418.jpgP1120424.jpgP1120428.jpgP1120425.jpg

白馬2

  • Posted by: etimao
  • 2016-07-31 Sun 14:46:04
  • 野遊び
10時間程の眠りから日の出前に覚める。雨はないものの雲は一面にの雰囲気。
さほど寒くもないので、テント前で朝食をゆったりと楽しむ。
本日の予定は〜白馬岳山頂〜小蓮華山〜白馬大池〜蓮華温泉〜(バス)〜平岩駅から徒歩5分姫川温泉
ゆっくりと温泉三昧の計画。

すっかり明るくなり出発。本日も晴れたり曇ったりの一日となりそう。
稜線で朝早いうちに斜光の陽射しでブロッケン現象を楽しめるかなぁ〜〜と。山頂で薄くはありましたが、現れました!
後は稜線歩きを雲中に入ったりでたりしながら楽しむ。宝剣と石像(観音様のような、、)の置かれた小蓮華山。
蓮華温泉まではなかなかの趣きのある森が続く。バスの時間がせまっていたので蓮華温泉の野天風呂巡りは又今度。
ビールをぐびぐびとバスを待つ。少し尿酸値が気にはなるがビールがうまい。

姫川では白い大仏様が拝めました。なんでも個人が山中に安置したとの事でお寺がある訳でもないのだそうです。不可思議な存在感が、、そういえば、平湯辺にも白い観音様が。。

ともかく無事に下山。感謝でございます。

P1120322.jpgP1120328.jpgP1120331.jpgP1120335.jpgP1120338.jpgP1120339.jpgP1120348.jpgP1120352.jpgP1120355.jpgP1120356.jpgP1120357.jpgP1120367.jpgP1120366.jpgP1120370.jpgP1120376.jpgP1120386.jpgP1120382.jpgP1120389.jpgP1120391.jpgP1120392.jpgP1120394.jpgP1120400.jpgP1120401.jpg

白馬1

  • Posted by: etimao
  • 2016-07-31 Sun 12:22:11
  • 野遊び
ニコニコのレンタカーで夜発。一路白馬のバスターミナルへ、少しばかりの雨降る事を気にしつつ、、仮眠。
バスにて猿倉へ。時々陽射しがあるものの雲の中ベースの一日となりそう。登山届けを係の方が常駐(小屋の方かな)の窓口でだす。天候を尋ねると昨夜は猛烈な雨だったそうな。ぐちゅぐちゅかなぁ〜ともかく花をまなでながら白馬尻小屋へ。しばらく歩いてアイゼン装着。大雪渓を歩く。雨ですっかりコース案内の赤ラインは見当たらないがトレースがついているので問題はない。ガスガスの中トレース上のステップを安定させながら登る(この時キックの疲労が蓄積)。テン泊装備と2人分の食料入りザックの重さと昨夜雨で清冽に爽やかに迸る沢水と滑りやすい足もとはしっかりと体力を奪ってくれました。テン場についた頃にはすっかり心地良くへろへろ。初アイゼン歩行の相方もへろへろ。稜線までの登りは天国のような花畑の中をいく!豊富な水と虫と岩と。広い空と風と雲と。時々お日様と。のんびり歩みでようやくにテン場に到着。杓子ヶ岳辺までピストンでと考えていたが、、ビール飲んで早い夕食でワイン飲んでこの日は早々に終了!

行雲の世界もかっこええが、明日はスカッと晴れないかなぁ〜〜〜
と寝袋の中へまた明日。
P1120264.jpgP1120266.jpgP1120267.jpgP1120269.jpgP1120284.jpgP1120280.jpgP1120285.jpgP1120290.jpgP1120291.jpgP1120299.jpgP1120298.jpgP1120307.jpgP1120312.jpgP1120317.jpgP1120320.jpg


すこし中年おじさんぼやいてみよう。高校のワンゲル部がテン場を同じくしてました。若く彼らの元気は羨ましくも頼もしくもあります。只、、夜のテント内でのカードゲーム(街でしておくれ)の盛り上がりはもう少し小さな声で、、
ま〜無理か。。

歩きましょうか。

  • Posted by: etimao
  • 2016-07-19 Tue 21:36:14
  • 野遊び
坊村〜鎌倉山〜八丁平〜峰床山〜江賀谷〜中村〜坊村
尾根道から沢道で楽しめました!



P1120215.jpgP1120216.jpgP1120217.jpgP1120218.jpgP1120221.jpgP1120225.jpgP1120232.jpgP1120236.jpgP1120241.jpgP1120248.jpg

Index of all entries

Home

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top