FC2ブログ

Home

夢のほとり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

大和谷夫婦滝巻きで敗退。。

  • Posted by: etimao
  • 2018-07-27 Fri 01:12:14
  • 未分類
いつものように魚や氏に沢にご案内いただく。宮川水系大和谷夫婦滝をこえてスギ沢を詰めて隣の沢を下降するというプラン。地形図を眺めながらいけるんかいな、、私に。。お助けロープでなんとかなるのんかな。そんなことを思いながら少しばかり寄り道しつつ大台へ。道の駅で少し呑んで食べて仮眠。
朝イチで土場。さあここから六丁峠越、これが最初の関門、ツルツルと滑る落ち葉に足を取られながらも昨年よりもマシな感じで越えられたかも。。大和谷ダムまではともかくは道。貯水池横をトラバース後は気持ち良い沢歩き巴滝の巻きもトラロープもあり何とかかんとか。しばらく遡行すると夫婦滝!これが素晴らしい空間である。沢がわかれそれぞれに雄滝と雌滝。30〜40mの滝が同空間に存在する不思議な景に感動。来て良かった。
が、さて、滝の巻き、大きく高巻くのやろな〜と思いながらも雌滝右岸のルンゼに取り付いた魚や氏に続く。いつも突破口に野生の勘で引っ張ってくれる。ルンゼをヒイヒイ言いながら、しばしばの落石、支尾根に乗ったか!と思たら、もう一段。で、上も下も壁。どうもこれを登るらしい氏はロープをつける。下で慣れないビレイをとる。2ピッチ、、3ピッチめやったか尾根に乗ったようだ。しかしながら最後の壁をクリアできない何度か試みるが腕がパンパンになりギブアップ宣言。後8メートルぐらいらしいが、、申し訳ないが無理でした。中年ハイカーの限界を思い知ることとなった次第。良い勉強をさせていただきました。が、やっぱりすみませんと悔しさと。。ガラガラのルンゼを敗退気分で懸垂下降も交えて沢に降りる少し下ってテン場を確保。砂地のええテン場で特製スープスパゲッチーとアルコールで爆睡。翌朝はゆるゆると沢を戻る魚釣ったり、キノコとったり、小滝に打たれたりとノンビリとツルツルの落ち葉に何度も足を取られ尻もちついて。どうもクロアチアの延長戦と重なったようでシュート連発^^。温泉に浸かって終了。

有難うございました。感謝の内に。


o0500037514234059852.jpg

うちわ展

  • Posted by: etimao
  • 2018-07-08 Sun 09:17:23
  • 展覧会
初参加の展覧会。
うちわに描いてみました、いつものように線描を集めみえてきた景といつも画室で眺めている流木をみつめて描いてみました。それぞれの裏面は文字を言葉を。
ご高覧いただけましたら幸いでございます。
(各画像クリックで拡大)

_1010854.jpg_1010855.jpg

ギャラリー白川 ジャパニーズ・モダン江戸から現代へ(9)
第13回現代アートうちわ展
会期:2018年7月14日(土)—7月29日(日)
   12:00〜18:00 23日(月)のみ休廊
会場:ギャラリー白川
共催:NPO法人 風

うちわ(小)
_1010849.jpg_1010848.jpg

うちわ(大)
_1010846.jpg_1010847.jpg

心に響く小品展

  • Posted by: etimao
  • 2018-06-03 Sun 16:42:32
  • 展覧会
京都寺町三条ギャラリーヒルゲートでの展覧会に今年も参加させていただきます。
皆々様どうぞよろしくお願い致します。
_1010715.jpg

黒滝

  • Posted by: etimao
  • 2018-05-13 Sun 10:34:45
  • 野遊び

GW後半。
大台の沢、黒滝見学&キャンプにいつもの友にご案内いただく。
銚子川水系ニノ股谷。
渋滞道路をかわしながらアレヨアレヨと志摩半島をぐるりと巡り尾鷲に到着!
林道ゲートまで突っ込みそこから林道をテクテクと所々崩れてたり遠望に滝を眺めたりで作業小屋に到着。
釣りながらとのこんたんであったがここまでほぼ降りるとこ無く。早々にテン場とし薪集めたり釣りに行ったり。
乾燥野菜絶品スープと小さいながらも数匹揃ったアメゴで刺身と天ぷらの沢の宴へと^^
にこやかにあげる人。ビール、酎ハイ、日本酒、ワインで心地よく落ちる。
翌日、快晴!黒滝までなんやかんやとお助けロープもあって黒滝まで到着。おおらかな爽やかな明るい滝に満足。
テン場まで戻りながらボチボチと竿を出すが沢を登り帰りのダウンではいささか、、いや、へたっぴなだけですが^^
釣れません。日向が気持ちよく昼寝が心地よい2日目。夜の焚き火と月光が素晴らしい。絶品スープスパゲッチーを友と楽しみ今日も爆睡。

森羅万象全てに感謝!

_1010614.jpg_1010619.jpg_1010618.jpg31944812_1901618143245871_8326983796352090112_n.jpg_1010626.jpg_1010620.jpg_1010622.jpg_1010623.jpg_1010625.jpg_1010630.jpg_1010633.jpg_1010637.jpg_1010649.jpg_1010651.jpg31944650_1901622693245416_4200124166017384448_n.jpg31522529_1901618133245872_676990217122480128_n.jpg

ぐるりと搬出旅行

  • Posted by: etimao
  • 2018-05-13 Sun 09:45:02
さて、先月の福島県いわき市アートスペース泉での個展も終了しました。
搬入搬出は昨今の運送事情により自らハンドルを取り長距離ドライブも兼ねての事となりました。
大変ではありますが、それはそれで寄り道を存分に楽しもうと計画。
搬出旅行は相方も同伴となり温泉もはさみ、ルートは新名神〜伊勢湾岸道〜新東名〜アクアライン〜千葉の山口画廊〜犬吠岬〜九十九里浜〜白子温泉〜常磐道〜磐越道〜裏磐梯〜諸橋近代美術館〜五色沼散策〜湯本温泉〜いわき市観光〜アートスペース泉〜磐越道〜北陸道〜湖西道路〜京都。
総距離2200キロぐらいでしたか、よく走りました。

展覧会はお気に入りの画廊の空間での満足な展示も、なかなか険しき道のり。
これからの画業のあり方は、、考えてしまいます。
が、まあ、小さな己のできること、したいことを探り辿り迷い進めていくしかないのやね。
画廊のオーナーとの出会った時の思い出話。画廊立ち上げ前夜にお供え用の鯛を探し回ったこととか。
28年ぶりに訪れた五色沼。前回は雨の中キャンプでグレーの世界の只中、「コテージを使ってええよ。」キャンプ場の管理人のご好意が嬉しかった記憶が蘇る。
米どころ新潟の田んぼに映る夕焼けの素晴らしい光景。福島のたおやかな山並み。大きく広い太平洋。いつみても嬉しい富士山。力強い樹木。咲く花。波。風。

ぐるりと巡り巡りそんなこと思い想い。
ふらふらと描いていこう。

_1010538.jpg_1010541.jpg_1010555.jpg_1010547.jpg_1010559.jpg_1010562.jpg_1010563.jpg_1010565.jpg_1010573.jpg_1010583.jpg_1010589.jpg_1010593.jpg_1010605.jpg

Index of all entries

Home

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。