Home > 野遊び Archive

野遊び Archive

前鬼にて

  • Posted by: etimao
  • 2017-05-06 Sat 11:58:23
  • 野遊び
今年のゴールデンウィークも大峯へ沢とテン泊と巡礼の山行に友の魚ヤ氏にご案内頂く。
今年はしめに小仲坊の宿坊に泊まろうと計画。
のんびりとできそうである。テン泊の飲み物も色々と、、水は沢で調達!3.5Lのアルコールと清涼飲料1Lと私にしては張り切ってしまったか、、重いぞこれは。。前鬼林道車止めゲート〜小仲坊〜閼伽坂峠〜垢離取場から前鬼ブルーの水を楽しみ内離谷を900m辺のテン場へあえぎあえぎ少し迷い着。いつものごとく記憶は素晴らしく断片的な夜。夜明け前に目が覚める。少し残っていた越の誉をちびちびとしていると青い時間となり白い空鉢の谷が浮かび上がってきた深仙俣谷も木々の合間に青白く浮かぶ。ええ感じ。とても。ほどなく明るくなりテン場の空をみあげると青空と山桜と新緑。
深仙俣、大日、孔雀又右股、今年は千手岳、大日岳と二つ岩の間を辿り杖谷を詰める。霧の中を癒しの谷を歩く、孤高のタラノキ、前鬼のはじまりの滴り。登山道との交わりもすぎた終盤、1400m辺り何故だか大日岳を直登するような壁にはいってしまい、、GPSを老眼かけんとみすぎてしもうたと反省。魚ヤ氏の野生の感で適当にトラバースしてで戻る事に、、途中、当方はルンゼで固まるが何とかクリア!で、無事にというか結構な急登で奥駈道に這いあがる。残るは大日岳のピーク!迂回路を途中までゆくが親切な方に一枚岩ルート(鎖場)をおしえて頂きそちらへ高度感のある楽しい緊張感でピーク。大日如来が安置されています。合掌。登山道へ戻る。太古の辻〜二つ岩〜小仲坊着。ビールで乾杯!喜々と風呂で汗をながし、夕食を頂く。ほどなく心地良い疲れで眠りに落ちる。
翌日は小仲坊周りをうろうろとミツマタの花がきれい。後は帰るだけ。竿も持ってきたらよかったと今更ながらに思う。

今年も春の山、沢を宿坊を満喫。

自然への畏敬の念と友と山を守る方々に感謝であります。

P1140053.jpg
P1140055.jpgP1140057.jpgP1140063.jpgP1140064.jpgP1140068.jpgP1140070.jpgP1140072.jpgP1140077.jpgP1140082.jpgP1140083.jpgP1140085.jpgP1140088.jpgP1140090.jpgP1140093.jpgP1140094.jpgP1140100.jpgP1140101.jpgP1140105.jpg

北山散歩2

  • Posted by: etimao
  • 2017-05-06 Sat 00:34:29
  • 野遊び
さて、相方と北山へ少し歩きに。手軽にてくてくと何処へいこうかと、、
そうや遠足や!勤務校の5年生の沢池コースの記憶がむくむくと。沢山のピークも踏んでなかったのでそこにも立ち寄ろう!心地良い半日コースです。
西院より嵐電、帷子ノ辻で乗り換え宇多野で降りる。少し周山街道を歩き三宝寺の手前から山道へ。
しばらく登ると見晴らしの良いガレ。そうそうここで皆で市内を眺めながらの休憩でした。
つつじ、白い花が満開。沢池で昼食とコーヒータイムを心地良い水辺の風と楽しむ。
沢山ピークを通り鷹峯に下山。そうそう車道にでて最後に心蔵破りの登りがございました。
無事登りきると然林坊の横にまもなく光悦寺と源光庵。磨かれた新緑をお寺を拝観し締めくくり。
良き日でありました。
P1140019.jpgP1140021.jpgP1140022.jpgP1140023.jpgP1140025.jpgP1140026.jpgP1140027.jpgP1140028.jpgP1140031.jpgP1140034.jpgP1140037.jpgP1140040.jpgP1140042.jpg
P1140049.jpg

源光庵でこんなことばに出会いました。感謝。

「死のうと思う日はないが  生きていくゆく力がなくなることがある  そんなときはお寺を訪ね
  わたしはひとり  仏陀の前に坐ってくる  ちからわき明日を思うこころが  出てくるまで坐ってくる」

北山散歩

  • Posted by: etimao
  • 2017-04-23 Sun 17:16:08
  • 野遊び
いつも北山でお世話になる北山荘にて楽しき集いに少しばかりの同席させて頂き、後、以前から気になっていた夜泣き峠を歩いてみたく滝谷峠からゆるゆると散歩。植林が多く新緑を楽しむ事はあんまりであったが光と花と久しぶりの静かな山歩。夜泣き峠は何やら、、、里へおりてくると二ノ瀬の集落が良い感じ。叡電で岩倉、徒歩で国際会館、地下鉄で二条、酒屋によって徒歩帰宅。
佳い日でございました。
P1130935.jpgP1130936.jpgP1130937.jpgP1130940.jpgP1130941.jpgP1130944.jpgP1130945.jpgP1130947.jpgP1130948.jpg

春の溪へ

  • Posted by: etimao
  • 2017-04-19 Wed 22:45:15
  • 野遊び
山の溪の友人cdさんに誘って頂き台高の春の溪へ久しぶりに竿をふりに出かける。
何せ久しぶり故、何を準備して良いやら、、毛針がない、リーダーがない、ティペットはとあたふた、、
釣りも竿に助けてもらおうとダイヤモンドバックの8f#5を選択。
毛針も何とか新調した老眼鏡で数本巻きまきするが、#18以下は無理な感じである。
ウエーダーでの溪歩きもこれまた久しぶり。暑い、動きにくいと思っているとフェルトの底がべろりとはがれる。ザックにあった紐で何とか押さえつけて転けそうになりながらも何とか小さいながらもべっぴんなアメゴちゃんに遊んで頂き満足!
蒲田での釣行以来20年数年ぶりに北山で偶然ひょんなご縁で再会できたK氏。お初にお目にかかり溪をご案内頂いたN氏とのご同行も楽しくほんと自然に友に感謝の一日。

溪の水と空気はやはり格別!!

P1130904.jpgP1130907.jpgP1130909.jpgP1130910.jpgP1130911.jpgP1130914.jpgP1130918.jpgP1130919.jpgP1130921.jpgP1130925.jpg
P1130926.jpg

2月のインプット

  • Posted by: etimao
  • 2017-02-26 Sun 16:26:01
  • 野遊び
何かの為ではない何か、、

道楽です。

2月の雪と山二つ。

昨年訪れた八ヶ岳、天狗岳。優しく穏やか。そこからみた赤岳に行ってみようと企ててみた。
昨年になく雪が一気に積もった。雪崩、、赤岳鉱泉のfbでも注意を呼びかけている。ともかくいってみる事に。
夜行バスで茅野駅へ。友の樵の直さんに拾ってもらい一路、美濃戸口へ個々から奥の林道は自己責任で、、云々。
突っ込んで美濃戸赤岳山荘に駐車。快晴。昨日の登山者のトレースを辿る。ほどなく鉱泉着。天望荘まで行こうかどうしようかと、、今日は此所でとまり午後は硫黄岳方面へいけるとこまで足慣らしに。小生は赤岩の頭でタイムと天候を考えて戻りはじめるが、何時ものごとく直さんの足は速く硫黄岳まで余裕の感じですたすたと。下りはシリセードで快適に。赤岳鉱泉では50名程が宿泊。豪勢な肉料理を食しておられる。我らはおもむろに自炊室へ台湾からの登山者のグループの方々が盛り上がったはる。美味しいお茶をお裾分け頂きました。ありがとう。しかし、この自炊室は寒い。ストーブはつかない、、足先の冷たさを感じながらもワインとビールとなんやかやで満足。パキパキに晴れた夜空と雪山を少しばかり楽しむが、すこぶる寒い。早々に夢の中に落ちる。翌朝は何時ものごとくゆるりと明るくなった快晴の空に鉱泉を後に赤岳を目指す。一昨日は文三郎尾根で雪崩があったらしい、、行者小屋で少し考えてみて地蔵尾根を登る事を選択。ほぼ無風、雪も思っていた程ではなくアイゼンもよく効く。地蔵の頭、赤岳天望荘、赤岳山頂、稜線では風もほぼなく富士山の展望を存分に楽しむ。文三郎尾根を下る。行者小屋で一服、滑るように南沢を美濃戸へ7時スタート12時過ぎ下山。

今年の京都北山はけっこうな雪。耐寒第2回送別会鍋宴会を北山荘で。該当送別者はなかなかかえれない様子で第3回送別会も射程に入ったようだ。楽しき事。シェフの美味なるしし鍋に皆で舌鼓をうち、呑み、何をしゃべっていたのかはとんと何処かへ飛んでいってしまう。幸せな朝。ぼんやりと何をする訳でもない時間を友と焚火と過ごし、無意識にとけこみ熟成していく。

さてさて、無意識ににじみ出てくる一滴一滴を画に留めていければと心持ちをニュートラルに描いたり流したり削ったり磨いたり、、の時。

P1130582.jpgP1130586.jpgP1130591.jpgP1130600.jpgP1130602.jpgP1130606.jpgP1130608.jpgP1130616.jpgP1130619.jpgP1130622.jpgP1130623.jpgP1130628.jpgP1130634.jpgP1130637.jpgP1130639.jpgP1130647.jpgP1130650.jpgP1130653.jpgP1130658.jpgP1130672.jpgP1130675.jpgP1130680.jpgP1130681.jpgP1130682.jpg

森羅万象に感謝。

Index of all entries

Home > 野遊び Archive

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top