Home > 2010年08月

2010年08月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

堪忍してほしい

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-31 Tue 20:03:30
  • 日々
明日から9月。
ますますヒートアップする。
♪ぎんぎんギラギラ夕日が沈む、ぎんぎんギラギラ日が沈む。

シエスタがええな~

P1050881.jpg

ちょとづつ

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-26 Thu 20:10:14
  • 画室
先日のパネル。
寒冷紗を張り込む。このへんから全然わからない、、形にならないイメージがはじまる。
しみやかたち。。

P1050864.jpg

仕事を終えて。
窓から。
今日も猛暑でありました。そして日が暮れる。
夕方の植木の水やり中、蚊にかまれた、、さされた、、すわれた、、ところが痒いな。

P1050865.jpg

支持体

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-25 Wed 10:52:02
  • 画室
数日前作ったパネルに木材の灰汁止めを何度か塗布。その後、寒冷紗を下地用の絵の具でベタばりにする。
画面への絵の具のくいつきを良くし、剥落を防ぐ。
紗の目に絵の具を押し込むように、またはしみ込むように基底部を作っていく。
ペースト状の絵の具をコテ・ヘラで押し込んでいく時、微妙な下地の隙間に入り込んでいく様は気持ちよい。
たぶん左官屋さんのような。。気分かな?
一時期は紗ではなくひっこを使っていた時期も在ったが今は紗だけ。

大作、出来上がりの近づいている小品をねちねち眺めながら、時々思い出したように筆を入れながら。

P1050862.jpg

あてもなく。

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-23 Mon 12:59:21
  • 野遊び
一応は釣り道具と登山靴と野宿用品をもってでかける。
当初は溪でのイワナ釣りをもくろんでいた。
林道沿いで快活な溪を探す。なおかつ堂々と大きな焚火ができる。なおかつウブな岩魚が遊んでくれる。
・・・そんなとこなかなか在りません。
朝日周辺をうろうろ。赤沼田にある日本ではじめて植林された森をうろうろ、木橋から川を見ると8寸アマゴがひらひら!この辺でもええかな~と思いつつ、涼しくて気持ちええな~で、車はどんどん御岳方面に向かう。
ここら辺はほとんどが国有林。林道のゲートはほとんど閉まっている。きっちりとした管理に愕然としながら、うろうろ。キャンプ場で、とも頭をよぎるが区画整理のされたキャンプなど・・で、日和田高原あたりの国道近くではあるが川辺まで作業道路の跡があるところを発見。野宿場に決定。
竿出す気力もなく。焚火で一杯。樵のT氏栽培の枝豆が絶品!豆腐にこれまたT氏の茗荷が最高!
どんなとこでも焚火の炎と川の音は別世界に誘ってくれます。

P1050848.jpg
P1050843.jpg

朝、久しぶりの川の音で起床。やはり心地良い。
とりあえず30分ほど竿出して、毛針のなさと、老眼の進行にうちひしがれ納竿。
それでも数匹の渓魚は毛針を見に来てくれました。

陽も登り天気は最高。乗鞍と御岳の眺望を楽しむ。
周辺の花も楽しむ。
木の上部は紅葉しはじめているような、、気がする。
遠くの立ち枯れの木もええ感じ。
P1050860.jpg
P1050852.jpg
P1050859.jpg
P1050856.jpg
P1050861.jpg

丹生川の荒城温泉の鍾乳風呂があてのない・・をしめくくってくれました。

諸々に感謝。

木工作

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-18 Wed 15:22:31
  • 画室
大作の方も完成とはいかないまでも少し煮詰まってきたような、、
もう少し時間を置けば加筆、修正の面持ちが出てくる事が常では在るが、、
今は出てこない。

で、こんな時はパネルを作る。

P1050836.jpg

送り火

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-16 Mon 20:24:02
  • 日々
自宅屋上より。

P1050827.jpg

UP(48X)
P1050829.jpg

今年も無事送れました。

準備

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-15 Sun 20:57:40
  • 日々
全部準備と見ようとすると。。

明日の送り火の準備
P1050821.jpg

明日の夜明けの準備
P1050825.jpg

試合の準備(くやしいですが、、私の筋肉ではもちろんありません。次男の筋トレの成果)
P1050820.jpg

展覧会二つ

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-13 Fri 20:08:11
  • 雑感
猛暑の夏。
展覧会を二つ紹介させて頂こうと思いました。
どちらも遺作展。そして若くして他界。
どちらもDMを見ただけなのだが、何かしら新しい息吹を感じる。
出かけてみようと思う。

永戸花代遺作展8/19~24 嶋屋画廊
中川貴文展BIRTHーはじまりのひかりー8/10~15 ギャラリーヒルゲート

P1050813.jpg

お迎え

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-12 Thu 16:31:54
  • 日々
嵯峨にある菩提寺にお盆のお迎えに行く。
祖父母、父、叔父と四人が入っているお墓を台風の通り過ぎた残り雨の中、洗う。手を合わす。
何の事はない習慣である。
良い習慣やと思う。

雨模様の空のもと、百日紅が満開を、、いや、少しすぎているかな。

P1050812.jpg

昨日の訪問者

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-09 Mon 09:28:18
  • 画室
夕方。画室の窓から。川トンボとよんでいますが、、何処から飛んできたのか?何と言う名か、、
体の艶。飛ぶというか、はたはたと舞うような姿がええ感じ。

P1050806.jpg

花・山で

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-08 Sun 13:41:29
  • 草花
今回の立山では花にあまり気がいかなかった。
いきなりの2450mからの歩きであったことも、、
高度の変化とともに植物も変化していく事があまり実感できなかったのも正直なところ。
しかし高山の雰囲気はその事をふまえても心地良い。
そうそう、相方と末っ子は雷鳥も見たそうな、、わたしは先先歩いて出会えなかった。。
やっぱりゆっくりがええな。

では、お花をすこし。

チングルマ
P1050678.jpg

ハクサンイチゲ
P1050703.jpg

ホタルブクロ
P1050754.jpg

わからない、、
P1050755.jpg

多分、、ウド
P1050762.jpg

立山・その翌日

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-07 Sat 19:01:48
  • 野遊び
我が家の夏の恒例となりつつある登山。今年は御岳・白山に続き立山に出かけた。
立山駅に駐車。ケーブル、バスを乗り継ぎいきなり2450mの室堂に到着。
森林限界近くにこんな簡単に、、全国から老若男女が訪れるはずである。
ともかく、山頂は明日目指す事にしているので今日の宿「みくりが池温泉」の近場をうろうろと
ほろ酔い気分で散策。雲の中ではあるが、陽も時折差し込みええ感じ。

P1050685.jpg

地獄谷では有毒ガスに気をつけろとの放送とパトライの中。確かに臭い。何か喉が痛い。
末っ子もこの顔。ぼこぼこと煮え立つ湯、地球のパワーを感じます。
しかし、ここの温泉ええ湯でした。

P1050680.jpg

気になっていた天候も夜にはすっかり晴れ!
夜空は最高でしたな~

P1050694.jpg

翌朝は富山湾・血の池を眺めつつ出発。

P1050695.jpg
P1050697.jpg

大走りルートより真砂岳を目指します。

P1050707.jpg

なんだかんだとちんたらしていると、稜線に出た頃にはすっかりギラギラの日差しとなっておりました。

P1050713.jpg

稜線をつたい、富士の折立に到着。
朝昼兼用のおにぎりをほうばりつつ
剣岳・室堂全景・東側の黒部湖を眺める。

P1050723.jpg
P1050724.jpg
P1050727.jpg

もう少し稜線を歩きを楽しみ、この連峰の最高標高の大汝山に到着。
遠くに見えるは槍ヶ岳かな?

P1050736.jpg
P1050729.jpg

ほどなく、雄山に到着。ここで御岳、白山に続いて焼き印を金剛杖に頂こうとお願いすると、、
夕方電気を使いだしてからしかできないとのお言葉。。仕方がないとはいえ残念。。
ともかく記念撮影をして、修学登山の小学生(なんと全国から来ているようだ)であふれかえる道のりを一の越まで下る。すたこらと室堂までさっさっと立山駅まで。今夜の宿まで移動。

P1050744.jpg

焼岳。今回は定宿のまほろば露天風呂から眺めるのみ。
翌日は平湯大滝を久しぶりに眺める。アプローチがびっくりするほど便利になっていた。
でも、やはり清々し水を感じられて満足。

P1050748.jpg
P1050758.jpg
P1050759.jpg


そして、その翌日。
末っ子はサッカーの試合をしておりました。
元気ですな~。

P1050778.jpg
P1050781.jpg

さて次回は、山行きの花々をUPしたいと思います。

8月2日

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-02 Mon 13:45:30
  • 日々
ゆっくりと読み進めている本。
釈迦が楊枝を投げると瞬く間に大樹となり、根も葉も茎も花も実も七宝で・・・(中省略)・・・皆の心は開け放たれた。第50 洗面で出てくる場面。もちろん原文を読んでいる訳ではないので正確なところはわからないのだが、、とても嬉しくその世界観を感じられた。

P1050674.jpg

2、3日前からミツバチ?が部屋の入ってくる。今日は入れ替わり3匹ほどが舞い込んできました。。

P1050673.jpg

しろあり

  • Posted by: etimao
  • 2010-08-01 Sun 16:01:14
  • 日々
先月の梅雨明けとともに夜中に羽アリが舞う。。
いろいろ業者を探ってみるが、いまいち何がよいのかよくわからない。何でも良いようにも思う。
疑いながらこういったサイトを巡るのはとても疲れる。netの性質上信用して信用してが目につくのもしかたがないのだが・・・そんなふうにみる自分の根性が疲れるだけなのだが。。
で、知り合いに相談してみる。築25年の家、鉄骨、業者の多様性等々。で、自分で調査、駆除する事にした。
1階の床には小さな開口部がある。30cm角ぐらいかな~頭を突っ込み懐中電気で目視。異常はない。しかし、羽アリが多数たむろしていたところは目視の範囲にはない。そのまま潜ろうかと、、家内に出れなくなると困るので止めときと静止される。一昨年東大寺で柱の穴抜けを躊躇した自分を思い出した。
で、当該箇所の近くの床に開口部を作る事にした。ドリル、のこぎり、のみ、金槌を駆使してつくる。やはりもろもろと崩れる部分がある。とにかくキンチョールを散布する羽アリには有効(バスマジックリンはさらに効果が高い)であったがこれでは心もとない。しばらくすると黒い蟻がたくさん出てきた。。
昼からホームセンターでシロアリ用の散布式とベイト式の駆除剤を購入。同じ棚にあったスズメバチキラーも買いかけてしまうが、思いとどまった。
その後、蝕まれている部分をつつきまわし、ドリルで穴をあけてまずは駆除剤の散布、注入。
いやがって出てきそうな箇所にベイト式の駆除剤をセット。
さて、蟻達はせせら笑っているのか?それとも恐れおののいているのか?

P1050666.jpg
P1050670.jpg

さて、これで少し様子をみてみよう。。

疲れたような、楽しんだような微妙な時間でありました。

Index of all entries

Home > 2010年08月

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。