Home > 2013年04月

2013年04月 Archive

ぼちぼちと

  • Posted by: etimao
  • 2013-04-29 Mon 16:27:57
  • 画室
あいまあいまに、

色おいたり、磨いたり、削ったり、描いたり、、

楓の葉の重なりをみたり。

P1050263.jpg
P1050260.jpg
P1050261.jpg
P1050259.jpg

春の展覧会の2とポストカード

  • Posted by: etimao
  • 2013-04-27 Sat 17:57:33
  • 日々
さてさて、今は5月の個展の作品と6月の個展の作品がごちゃ混ぜになって制作している状態。。
DM等が自分である程度できる時代となり、、便利なような、、でもある。

ポストカード等今回はマッタリした感じの仕上がりかな、、

P1050239_20130427175237.jpg
P1050240_20130427175236.jpg

月曜、朝、溶皿。

  • Posted by: etimao
  • 2013-04-22 Mon 10:03:46
  • 画室
溶き皿に蜘蛛。筆おいて眺める。

白い線、黒い線、鈍く輝く。

P1050216.jpg
P1050217_20130422100134.jpg
P1050221.jpg
P1050220_20130422100131.jpg

山桜お昼のお酒。

  • Posted by: etimao
  • 2013-04-21 Sun 15:29:06
  • 野遊び
今年の年始、若鮎2号に拾ってもらった。
すっかり見た目には驚異的な回復をとげたはるcd氏とお花見ハイキングに出かけた。
貴船から滝谷峠を越えて直谷へ北山荘を横目に柳谷峠へここで魚屋氏と合流。
少し魚谷山をのぼり大きな山桜のもとへ。おっさん達の山桜花見。
お天道さんの下(曇っていて寒かったが、、)での友人達とのお昼のお酒は最高です!

P1050191.jpg
P1050211_20130421151658.jpg
P1050207.jpg
P1050197.jpg

個展DM

  • Posted by: etimao
  • 2013-04-20 Sat 17:22:29
  • 展覧会
どうぞご高覧よろしくお願いいたします。

img082-1.jpg

山女魚達の画とか

  • Posted by: etimao
  • 2013-04-13 Sat 20:53:53
  • 画室
ぼちぼち進んでいるような、、
50号Fこの後山女と泳ぐように星を描きはじめる。

P1050132.jpg
P1050127.jpg
P1050128.jpg
P1050129.jpg
P1050131.jpg
P1050124.jpg

一度はいってみたかった。

  • Posted by: etimao
  • 2013-04-13 Sat 12:03:35
一度はと思っていた吉野山の桜を楽しもうとおおざっぱな計画で出かけた。
京都から近鉄でまー2時間ぐらいで行けそうかなと。近鉄京都駅で満員の急行にのりそびれ次発の特急に奮発して乗車。指定席に座り小旅行気分。大和八木までのり普通に乗り継いで橿原神宮駅。さてここからは特急は満杯で切符はなく仕方なく1時間程ぼんやり。満員の普通電車に乗り込み、11時過ぎにやっと吉野駅到着。平日ですが満杯。ケーブルにのる列、バスに乗る列と錯綜しておりおたおた、、ま〜ぼちぼち歩きはじめました。
七曲がりをのぼりはじめ早速にええとこやんか!と人の多さは変わらないものの気持ちはウキウキしはじめました。黒門ー金峯山寺・蔵王堂ー水分神社ー金峯神社ー西行庵。奥へ行く程に落ち着いた感じとなり西行庵では山桜の下、柿の葉寿司の昼食で満足。折り返しは上千本あたりから稚子松地蔵方面に向かいお店と桜と幸せそうな人でうまる吉野山の稜線を楽しみ、中千本を潜り、山ツツジの紫が桜と新緑に混じる幸せな山肌に彩られているのを楽しみ。温泉谷をまわりこみ吉野駅に戻る。帰路は急行を乗り継いですんなり帰宅。
ええ春の一日でありました!

P1050055.jpg
P1050058_20130413112541.jpg
P1050068.jpg
P1050071_20130413112539.jpg
P1050072_20130413112538.jpg
P1050077.jpg
P1050081.jpg
P1050085.jpg
P1050091.jpg
P1050099.jpg

さてさてこの色調はどんなふうに、、それも又楽しみたいと思う。

赤い魚。

  • Posted by: etimao
  • 2013-04-08 Mon 14:06:07
先日木枠からはずしておいた絵、7mmシナベニヤにベタばりしている寒冷紗を剥がしはじめる。この頃は細幅の紗を並べてはっていたようだ。青空のもと何ともなかなか不思議な画面になりました。もちろん作っているわけではないのだがこれはこれで心が動く。    薪が燃えていくように。
そうこうして剥がしていると、、
下地から赤い魚が浮かび上がってきた。。。
一番下にこいつが居ったんや。。 

時を遡るような、、

P1050047.jpg
P1050049.jpg

なんやかやと。

  • Posted by: etimao
  • 2013-04-06 Sat 20:19:15
  • 画室
午前ー午後、、何かなぁ〜〜

山女達は、、加筆のとまる時は、、

DSCN5462.jpg
DSCN5474.jpg
DSCN5479.jpg

Index of all entries

Home > 2013年04月

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top