Home > 2014年03月

2014年03月 Archive

額縁

  • Posted by: etimao
  • 2014-03-31 Mon 18:38:12
  • 雑感
学生の頃から結構額を作るのが楽しんでいた。
角のところが45度にピタッとなかなか切れない。
隙間をパテなんかで埋めてもしばらくすると割れてくる。
アテ木を作ったり。木ねじで固定したり。
なんとか形ができて塗装の段階。絵とあわせながらマチエールなんかにもこってみたりした。
しまいには作品の一部のようになってくるのだがなんかどんくさい。それがええなと思う時もあった。

展覧会の時、今は額はつけないか、額屋さんにお願いをする事が増えた。

額屋さんで作ってもらったのを入れる絵が変わったので久しぶりに塗装し直してみた。
塗料を剥がし、下地をつくり、箔をはり、塗装して磨いて拭き取り絵をあわせてまた塗って。

結構楽しみました。

P1070482.jpg
P1070489_201403311822376b6.jpg

琵琶湖坂本から京都修学院

  • Posted by: etimao
  • 2014-03-28 Fri 12:21:31
  • 野遊び
天候も回復の気配にて、相方が一度も歩いて登った事がないようなので滋賀県坂本までJRそこから比叡山越えて京都に帰ってこようてくてくに出かける。

雲が多い琵琶湖上空ながら遠く鈴鹿の山々も見えました。
登山口入り口のなんともええ感じ。
大きな朽ちかけた株から若木。
朽ちた落枝につく苔の鮮やかな緑。
マッチョな幹。
黄色い花。さんしゅうかな?何か違うような、、
坂本からの表参道を黙々と登る相方。
延暦寺、山頂は霙まじりの強風と霧で幻想的な感じ。
京都側のケーブルの駅あたりでようやく晴れ間。
下りは心地良く木漏れびの中を。

楽しいハイクでありました!

P1070458.jpgP1070457.jpgP1070460.jpgP1070462.jpgP1070461.jpgP1070464.jpgP1070466.jpgP1070471_20140328120038efc.jpgP1070472.jpgP1070474_20140328120041e75.jpgP1070477.jpgP1070479_20140328120104153.jpg

その後。

  • Posted by: etimao
  • 2014-03-25 Tue 20:17:35
  • 雑感
少し少しの変遷。
ちまちまぼちぼちゆるゆるねちねち。そしてぶわっ〜〜といきたいのやけど。
抑制されたブワッ〜〜とが抑制を感じさせないように。。
と思う。が、そこを越えたい。。

あ〜〜〜

P1070442.jpg
P1070446_20140325201228989.jpg

描く

  • Posted by: etimao
  • 2014-03-24 Mon 14:35:48
  • 雑感
「月・滝・泉」20号P 2013作
昨年の京都、東京の個展に出品した絵。

毎日見える壁にかけていたのだが、少し少し気になりはじめてしまった。
何か堅苦しい、、山やな〜、、ニュートラルになりたい。
数日前、白の絵の具を水でひたひたにした画面にまいてみた。気持ちいい。。
重ねたり、こそいだり、描いたりしているうちに、、、どうにもこうにも、、
全体に色をのせて、ぼけぼけに、、するようななってしまったような。。

今日は天気が良いのでしばらくすると乾くだろう。

いつも目指す完成形があるわけではない。
完成さそうとする意識がうるさくなってくるのだが完成に近づく。。
意識を意識で潰してなんとかまぁ〜筆をおいてみるのだが、、

何してるんやろと思い想い、内にすんなりと落ちてくるような色やマチエールがでてくると嬉しい。
そんな事を年々積み重ねていくうちに私の絵はどうなってきたんやろか。何と向き合ってきたのだろうか。
楽しいだけではない。なんやろ、、

描いたり潰したりしていこうと思う春の日の午後。

DSCN5483.jpg
P1070427_201403241412125bb.jpg
P1070429.jpg

受験

  • Posted by: etimao
  • 2014-03-17 Mon 17:47:45
  • 雑感
この子がようやっと高校受験が終わった。家の末っ子です。
希望校に受かり家族皆ほっとしたり喜んだりしております。
額をごそごそ探していると
末っ子が小さい頃、夏、リビングでテレビでも見ている所であろう。クロッキーしたものがでてきた。

(以下ボヤキ戯言でございます。)

何かこれをみながら受験とは、、と考えてしまった。
少し寂しいような気もする。成長していくハードルなんだろうが、、そもそも成長とは、、
なんだかんだ思うのは多分昨今の少子化の中での子供達の振り分け格差制度、、目標目的に向かって一生懸命にならざるをえないレールをややこしいぐらいひいて、そこにのらなければ行き場がみえない。レールにうまく乗っていく事が成長なの、、いやそこからどんなして外れたり戻ったりそして自分でレール、、いや目に見えなくとも自分なりに道を作っていく事が面白いし、生きていく事なのではと思う。目標目的を決めてそこにいく過程を逆算して考えるのではなく歩いていく先にそれを見いだせる。そんな人になってほしいと思う。そんな世であってほしい。
感を磨いて。なんでも喜べ喜べ!!


P1070400.jpg

冬の北アー2

  • Posted by: etimao
  • 2014-03-08 Sat 10:31:37
  • 野遊び
最高の天気でした。

夜明け。刻々と変わる空、山の色、空気の色、雪の色、お日様感謝。

さあ、ゆるゆると出かけましょう。いつものごとく我らは山荘から最終発。

蒼と白と黒の世界!

西穂、霞沢、焼岳、乗鞍、笠、槍、御岳、前穂北尾根(←みえません。明神の尾根でした)、遠く南ア、白山、もっと遠くに富士山。

僕の足はとまるとまる。何度ぐるぐる回った事か。山荘と独標間をうろうろ。

友の足はどんどん進む。ピラミッドピークまで何人かひっぱってピストン。流石!

下山。「まほろば」サンで暑い露天風呂を満喫。有り難うございます。
ええ山行きでした!

万象に感謝の限り!


P1070308.jpgP1070318.jpgP1070319.jpgP1070324.jpgP1180075-1.jpgP1070376.jpgP1070364.jpgP1070368.jpgP1070358.jpgP1070356.jpgP1070353.jpgP1070347.jpgP1070344.jpgP1070333.jpg

冬の北ア

  • Posted by: etimao
  • 2014-03-07 Fri 19:32:08
  • 野遊び
ここ何年か冬の恒例となりました西穂山荘行き。
前日はいつもお世話になっている中尾温泉の別館「まほろば」で絵の展示替え。
学生時代の居候からもうかれこれ30年来のおつきあいになります。
今年は「時の向こう」を階段に飾りました。サイズぴったりでええ感じにおさまりました。

滋賀から来ておられた釣り師とフライ談義。これ又楽し。
夜に谷口氏と合流。

翌朝。新穂高ロープウェイで一気に2156mまで。西穂山荘に向けてぼちぼちと歩く。
天候は回復に向かう。急登の前に12本爪アイゼンを装着。(cdさんありがとう!)
山荘は余裕のスペース!
で、荷物を軽くし独標に向かう。風も思うほどなく快調に登る。時々ピラミッドピークも雲間に見えます。
痩せ尾根の岩と雪を何とか通過。
しかし、、独標直下での岩場の登り、、これは登っても降りるのが、、びびる。。で、ここで撤退。
やはりゆるゆると冬山を楽しむ事にしましたです。
また、そのうちに。行けるように思った時に。と。

この日は山荘泊。持参した純米真澄を谷口氏と楽しみ、ほどなく幸せに夢の中。そんな次第。

さて翌日は快晴の予報!



P1070269_201403071900041eb.jpgP1070271.jpgP1070276_20140307190006fa9.jpgP1070277.jpgP1070283.jpgP1180067-1.jpgP1070299.jpgP1070297.jpgP1070289.jpgP1070293.jpgP1070288.jpg

Index of all entries

Home > 2014年03月

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top