FC2ブログ

Home > 2018年03月

2018年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

春の個展

  • Posted by: etimao
  • 2018-03-21 Wed 15:28:58
  • 展覧会
「アートスペース泉」
不思議なご縁で2007年に個展を開催していただき、今回は4年ぶりとなります6度目の個展。
太平洋に面した温暖な気候のいわき市JR常磐線泉駅近く。
様々な想いがあります。前回は草野心平氏の記念館も訪れることができました。
アクアマリンふくしまへも、三崎公園の潮見台。塩屋埼灯台。中釜戸のシダレモミジ。
白水阿弥陀堂は居心地がよく何度か。

利便性や合理性だけでない長い長いスパンでゆるりと生きたい。銀河のほとりで。

4月8日(日)〜24日(火)10:30~18:00 
(木曜日休廊)最終日〜16:00

福島県いわき市泉町2丁目12−7
0246−56−9101




P1150488.jpg

奥飛騨

  • Posted by: etimao
  • 2018-03-12 Mon 01:16:27
  • 未分類
春先毎年訪れるようになってかれこれ30年をこえるかな。
奥飛騨中尾温泉「まほろば」
蒲田川での釣りが始まりであった。当初は朝から夕方まで缶ビールと少しばかりのおやつを背中のポケットにほりこんで川通しで歩きほぼ一日中竿を振っていたな。そんなことを思い出しながら、夕方少しばかり久しぶりに川に入ってみた。一度だけパシャ!軽くコンと、、合わない。薄暗くなると見えない、、結べない、、通らない、、小1時間で川から上がることにした。河原を歩き川の流れに気持ちを乗せて久しぶりに楽しめた。かな。でも、やはり魚に会えなかったのは寂しい限り。。
まほろばさんでは絵の展示替え。「山気流るる」とタイトルした20号の絵と「記憶を泳ぐ」「居る」の三点を展示。
翌日は青空も少し見え始めてはいたが雲の中、西穂ー独標へ向かう。新穂高よりロープウェイで見事な霧氷の中を通り2156mまで一気に雲を抜けて快晴の山へ一面雲海。日常は雲の下、上高地のみは周囲の山が雲をブロックしたように快晴であることがわかるように展望できる。遠くは白山も八ヶ岳も南アルプスもその向こうには富士山も見える。どこまでもいけそう。。空の色は宙に近づく。絶景を堪能。
そそくさと滑るように下山。友に途中まで送ってもらい、その日のうちに京都に。昼に独標2701mにいたことが何やら不思議な感じ、遠いような近いような。

感謝のうちに。


P1150445.jpgP1150423.jpgP1150418.jpgP1150440.jpgP1150454.jpgP1150461.jpg

Index of all entries

Home > 2018年03月

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。