Home > スポンサー広告 > 3-30パタン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://eijinima.blog19.fc2.com/tb.php/370-004227b7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 夢のほとり

Home > スポンサー広告 > 3-30パタン

Home > > 3-30パタン

3-30パタン

  • Posted by: etimao
  • 2011-04-10 Sun 10:03:37
パタン。「美の都」という意味らしい。
確かに趣き深い建造、彫刻がいたるところにある。
中心のダルバール広場。

P1070414.jpg

話しかけているように祈る人
P1070412.jpg

ゾウの上はいつでも楽しそう。
P1070426.jpg

水を汲む列。女性達の仕事のようである。
P1070427.jpg

何というかはわからない。。像二体。
P1070432.jpg
P1070434.jpg

路地の奥にストゥーパが点在。
曼荼羅のお店も多くあった。
P1070438.jpg

ネパールでの最後の食事の前。
20年ぶりぐらいにネパールの友人ケシャブ・シュレスタ氏がホテルまであいにきてくれた。再会できた事が嬉しい。お互いあまり変わってなく頭がともに白くなったぐらいか(笑)
彼が京都にいる頃知人を通じて知り合った。ネパールの緑が諸事情のもと(食事を作る為に生木も薪となる。山を切り開いて段々畑にして行く。生活の為。)失われて行く事を憂い、緑化という考え方を国に広めたいとトリブバン大学の自然史博物館を拠点とした活動を行っている。
日本ではセニード(ネパール環境教育開発センター)後援会 が協力をしている。

P1070446.jpg

今回の旅は多感な20代でいったヨーロッパより刺激というか、考えさせられる事が多くあった。
時期が震災後間もなくであった事も大きな要因である。
時事の判断。立場立場で想いを持って。そして、人知を越えた所に委ねる。祈るのみ。

と、ダンニャバードです。


しかし、やっぱり次回はもう少し神々の鎮座する山に自分の目線で近づきたいと思う。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://eijinima.blog19.fc2.com/tb.php/370-004227b7
Listed below are links to weblogs that reference
3-30パタン from 夢のほとり

Home > > 3-30パタン

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。