Home > 釣り > 溪にて

溪にて

  • Posted by: etimao
  • 2008-08-13 Wed 11:15:16
  • 釣り
旧来の友と溪に入って来た。毎年この時期にどこかでオモイッキリ焚火とボッーとしようと出かける。もちろん竿ももっていきます。一応。。季節柄ビールはダースで焼酎も少しばかり。

P1030561.jpg
まずは友の一人がダムのインレットで遡上の鮎がいると予想し、鮎掛けを少し。
P1030567.jpg
しかし気配なく。石にハミアトもないので、、おとりの鮎は少し食べたいな~と思いながらも(私は)・・放流。存分な苔の流れに。
P1030566.jpg
その間。もう一人の毎日山仕事に勤務する彼は川辺で読書。
私は一応竿もって、川辺をうろうろと。
P1030564.jpg
クロアゲハ?が砂地でよく群れているのをみかける。今日はペアのみ見かけたので撮影。
P1030578.jpg
ガクアジサイの花びらがハラハラと落ち始めてます。ええな~
P1030568.jpg
さて、もう少し上流に移動。最近の突然の雷雨に警戒しつつも、川辺にテンバを設け、爆釣を信じて各々溪に散って行きました。
鮎掛けの友人はテンカラで下流へ、私は上流にフライで、読書人はテンバ近辺を。
この少し上流の谷は真っ昼間にでる。との話がある。魚の話ではない。
どこからともなく「釣れないでしょう」との声・・振り向くと上半身のみの人が・・
ここでこうしてかくと、あまり、、なのですが、山仕事以外の人は全く入ってこない現地では川のせせらぎはあるものの溪の静寂は人の想像力をとても逞しくしてくれます。
ま~とにかく釣りの方はその方に聞かれるまでもなく釣れませなんだ。

P1030571.jpg
しかし読書人、、いや、森の住人、いや、きこりはすごい!真っ暗になるまでねばり、いい魚をあげて来ました!

P1030576.jpg
昨夜の焚火も宴会も満足。画像は気分が良くなり、体は疲れ果てすぎてありません。
本日も快晴!

P1030574.jpg
さて、そんな中、森の住人は読書。
P1030579.jpg
つりふねそうがきれいやね~
P1030580.jpg
それでも、読書。
P1030565.jpg
昨日のクロアゲハもじっと水?蜜?をすっていました。

しかし、ほんと良い時をすごせました。諸々に感謝です!
スポンサーサイト

Comments: 4

カモノハシ URL 2008-08-13 Wed 20:37:36

キャンプができるこういう川はいいですね。
うらやましい。
私も見つけたいですよ。色付きの文字

いまお URL 2008-08-14 Thu 11:15:34

カモさんはもう見つけておられる。と思っています!!


焚火のできないキャンプ場。魚をキープするとなんとなく白い目を感じてしまう自分の居る釣り場。人前でやると人格を疑われるような、、時代の流れなのでしょう。。

無邪気に遊べる溪と友に感謝であります。

t-pastel URL 2008-08-18 Mon 10:06:20

いまおさんこんにちは!蝶ってほんと水溜りが好きですねー、少し前ですが大白川でおたまじゃくしの群れる水溜りに蝶も寄っているのを見ました。
いよいよ個展ですね、”まな板の上の鯉”→”水を得た魚”に成ります様お祈り致します。

いまお URL 2008-08-19 Tue 08:43:18

t-pasutelさん
コメント有り難うございます!
大きな広く深い、蝶やオタマジャクシ、諸々が憩う水溜りのような個展になればいいなと願います。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://eijinima.blog19.fc2.com/tb.php/43-724a1a1d
Listed below are links to weblogs that reference
溪にて from 夢のほとり

Home > 釣り > 溪にて

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top