Home > スポンサー広告 > 奥飛騨2012ーPART2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

魚屋 URL 2012-03-24 Sat 14:35:40

ええ~!
冬山に行くとは凄い!

いまお URL 2012-03-24 Sat 19:15:05

魚屋さんに少しは近づけたかと、、
沢に行く根性も少し芽生えてきました、、適当によろしく!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://eijinima.blog19.fc2.com/tb.php/544-a8b86363
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 夢のほとり

Home > スポンサー広告 > 奥飛騨2012ーPART2

Home > > 奥飛騨2012ーPART2

奥飛騨2012ーPART2

  • Posted by: etimao
  • 2012-03-20 Tue 17:38:58
猛烈な風の夜も明けお日様も出てきました。
あの風の中、夜、テント。テント泊の方々を尊敬します。
抜けるような蒼空。
気圧配置が春から冬へ。空気が猛烈な勢いでかわる、、強風は続く。
陽も昇り、いくぶん山荘前では穏やかになった風。
さあ出発。ココから先は森林限界を超えての世界へ。

P1020155.jpg
P1020157.jpg
P1020158.jpg

やはり。。稜線に出ると、、猛烈な風・風・風。
目出し帽はばっちり用意したのだが、、ゴーグルを忘れた、、やばいな。。
サングラスでは雲ってみえない、、はずすと眼がいたい。。

P1020162.jpg
P1020165.jpg

しかし、しかし、素晴らしい世界が広がる。
風速多分15~20mぐらいか、、体は風に煽られよろめく、、
少々転けても広い稜線なので滑落の可能性は低い。
アイゼンとピッケルで踏ん張り風をやり過ごそうとするが、、風はやまない。。
遅々と歩を進める。
ピッケルを持つ手、指先。冬靴でない足先が冷たいというか、痛く感じ始める。
目的地の独標がみえてきた。西穂高岳もみえてきた。
もうちょっとや!、、でも、、私はここまでで引き返す事にした。

P1020164.jpg
P1020191.jpg
P1020180.jpg
P1020175.jpg
P1020167.jpg

丸山まで戻ってきた。
ホッとする。
山荘までの下り、トレース跡が気持ちよい。

P1020200.jpg
P1020188.jpg

谷口氏は独標まで到達。流石です。
私は西穂山荘周辺で雪上散歩。
風と雪の作り出す景に心躍る。

P1020212.jpg
P1020213.jpg
P1020220.jpg

さて、何という獣の足跡でしょうか?
森に続いておりました。

P1020222.jpg

すべてに感謝!

来年は装備を整えて再チャレンジを。と、、今の所、そう思う。
スポンサーサイト

Comments: 2

魚屋 URL 2012-03-24 Sat 14:35:40

ええ~!
冬山に行くとは凄い!

いまお URL 2012-03-24 Sat 19:15:05

魚屋さんに少しは近づけたかと、、
沢に行く根性も少し芽生えてきました、、適当によろしく!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://eijinima.blog19.fc2.com/tb.php/544-a8b86363
Listed below are links to weblogs that reference
奥飛騨2012ーPART2 from 夢のほとり

Home > > 奥飛騨2012ーPART2

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。