Home > > 涸沢2

涸沢2

  • Posted by: etimao
  • 2013-09-30 Mon 15:09:20
昨夜は早々に夢の中。10時間程眠り続けた。

溪で魚に遊んでもろてた頃は魚の絵を描き続けた。岩魚、山女、蜉蝣、、
釣りにいきたいから絵を描いているのか、絵を描きたいから釣りに行くのか、、そんな感じ。。
鉛筆を竿に持ちかえてスケッチをしていると吹いた。
そんな行為を視覚芸術だから、、うんぬん、、と諭された事もしばしば。
どちらという事もなくどちらもなんだけど、、道楽ですかも。
今は山溪を歩く事にかえているかも。
いろんな所に我が身をおきたい。

さて、夜が明ける幻想的な空気を楽しむ。
夜明けの宴モルゲンロートにゾクゾクとする。
そそくさと朝食をとり、北穂高岳を目指す。
前穂北尾根の下、涸沢ヒュッテとテン場。
南東には何処からみても富士山が見事である。
鎖場、はしごを越えて北穂高岳山頂!
北穂の小屋でキレット越しの槍を眺めて至福のコーヒータイム。
一服後涸沢岳に向かうここから先が私にとっては結構な縦走。
マーキングされた所を手足をフルに使い辿る。大人のジャングルジムみたいなもん。
動き自体はさして難しいわけではないが、高度感が半端でない所もしばしば。それが怖楽しい。
涸沢岳に到着。奥穂高岳山荘が眼下にみえる。
すたこらと下り、みそラーメンライスで生き返る。
どうしょうか迷っていた奥穂高岳に向かう事にした。
登りはじめて間もなく夕方涸沢テン場で待ち合わせていたT氏に会う!
彼は岳沢から前穂高岳、吊り尾根を経由してやってきていた。さすがに早い!
奥穂山頂で記念撮影。その先の稜線を眺めるジャンダルム越えて西穂高まで何時かいきたいなと思う。

本日の夜はT氏と奈良県から来ていたT氏と宴会!
何時終わる事もない酒談笑を存分に楽しんだ次第。

すべてに感謝!




P1060303.jpg
P1060306_20130930141545cec.jpg

P1060308_201309301415464ee.jpg
P1060311.jpg

P1060319.jpg

P1060331.jpg
P1060333.jpg

P1060351.jpgP1060352_20130930141640c38.jpg

P1060355.jpgP1060353.jpg

P1060373_20130930141704bc9.jpgP1060371.jpg

P1060377.jpg
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://eijinima.blog19.fc2.com/tb.php/706-6e894443
Listed below are links to weblogs that reference
涸沢2 from 夢のほとり

Home > > 涸沢2

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top