FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 大和谷夫婦滝巻きで敗退。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://eijinima.blog19.fc2.com/tb.php/878-616f6b3f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 夢のほとり

Home > スポンサー広告 > 大和谷夫婦滝巻きで敗退。。

Home > 未分類 > 大和谷夫婦滝巻きで敗退。。

大和谷夫婦滝巻きで敗退。。

  • Posted by: etimao
  • 2018-07-27 Fri 01:12:14
  • 未分類
いつものように魚や氏に沢にご案内いただく。宮川水系大和谷夫婦滝をこえてスギ沢を詰めて隣の沢を下降するというプラン。地形図を眺めながらいけるんかいな、、私に。。お助けロープでなんとかなるのんかな。そんなことを思いながら少しばかり寄り道しつつ大台へ。道の駅で少し呑んで食べて仮眠。
朝イチで土場。さあここから六丁峠越、これが最初の関門、ツルツルと滑る落ち葉に足を取られながらも昨年よりもマシな感じで越えられたかも。。大和谷ダムまではともかくは道。貯水池横をトラバース後は気持ち良い沢歩き巴滝の巻きもトラロープもあり何とかかんとか。しばらく遡行すると夫婦滝!これが素晴らしい空間である。沢がわかれそれぞれに雄滝と雌滝。30〜40mの滝が同空間に存在する不思議な景に感動。来て良かった。
が、さて、滝の巻き、大きく高巻くのやろな〜と思いながらも雌滝右岸のルンゼに取り付いた魚や氏に続く。いつも突破口に野生の勘で引っ張ってくれる。ルンゼをヒイヒイ言いながら、しばしばの落石、支尾根に乗ったか!と思たら、もう一段。で、上も下も壁。どうもこれを登るらしい氏はロープをつける。下で慣れないビレイをとる。2ピッチ、、3ピッチめやったか尾根に乗ったようだ。しかしながら最後の壁をクリアできない何度か試みるが腕がパンパンになりギブアップ宣言。後8メートルぐらいらしいが、、申し訳ないが無理でした。中年ハイカーの限界を思い知ることとなった次第。良い勉強をさせていただきました。が、やっぱりすみませんと悔しさと。。ガラガラのルンゼを敗退気分で懸垂下降も交えて沢に降りる少し下ってテン場を確保。砂地のええテン場で特製スープスパゲッチーとアルコールで爆睡。翌朝はゆるゆると沢を戻る魚釣ったり、キノコとったり、小滝に打たれたりとノンビリとツルツルの落ち葉に何度も足を取られ尻もちついて。どうもクロアチアの延長戦と重なったようでシュート連発^^。温泉に浸かって終了。

有難うございました。感謝の内に。


o0500037514234059852.jpg
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://eijinima.blog19.fc2.com/tb.php/878-616f6b3f
Listed below are links to weblogs that reference
大和谷夫婦滝巻きで敗退。。 from 夢のほとり

Home > 未分類 > 大和谷夫婦滝巻きで敗退。。

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。